2010年05月13日

9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく−気象庁(時事通信)

 気象庁は6日、4月の天候について、強い寒気が断続的に流れ込んだため、特に東日本と西日本で気温がかなり低くなり、寒暖の差が大きくなったとする観測結果を発表した。
 同庁によると、4月は前線を伴った低気圧が日本付近を頻繁に通過したため、曇りや雨の日が多く、全国的に日照時間が少なかった。特に仙台や新潟など9地点で月間日照時間の最少記録を更新したほか、水戸など7地点では降水量の最大値を更新した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
岐阜で全国最高32.3度=真夏の暑さ続く
広島で全国最高30.7度=各地で真夏日
前半荒れ、後半晴れる=GW中の天気予報
寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差

ルリカケス 陽光に包まれて 奄美大島(毎日新聞)
医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)
香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし−東京(時事通信)
posted by クボタ ケンジ at 03:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

葛飾 両さん像を“応急手当て”(産経新聞)

 何者かに一部を破壊された漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公、両津勘吉の銅像「サンバ両さん像」に包帯が巻かれた。像のある葛飾区亀有の亀有中央商店街の男性による“応急手当て”。「両さんは商店街の仲間」との思いからだという。

 像の一部が壊されているのが見つかったのは18日。左手に持っていたマラカスが根元から折られていた。

 応急手当てをしたのは中央商店街理事長、鳥山太一さん(64)の長男、郁さん(35)。21日、破損部分を丁寧に包帯で巻き、肩からつるした。郁さんは「粘着テープを巻くこともできたが、両さんは商店街の仲間。包帯で手当てをしました」と話す。

 中央商店街を含む亀有地区商店街協議会(7商店街)は“両さん襲撃事件”を受け、21日夜から有志による夜警を開始。当分の間、警戒を続けるという。

 像を所有する区の広報課は「改めて皆さんに愛されていることが分かりました。区としても今月中に修理できるようにしたい」とコメントしている。

富士通役員らを提訴…投資会社、名誉棄損で(読売新聞)
福岡の鴻臚館史料一部焼く…放火の可能性(読売新聞)
<掘り出しニュース>平均年齢80歳のダンスユニット「SBE80!」デビュー(毎日新聞)
<福岡3歳児虐待>31歳継父も逮捕、浴槽に監禁容疑(毎日新聞)
<訃報>小池克彦さん71歳=元読売広告社社長(毎日新聞)
posted by クボタ ケンジ at 04:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。