2010年05月13日

9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく−気象庁(時事通信)

 気象庁は6日、4月の天候について、強い寒気が断続的に流れ込んだため、特に東日本と西日本で気温がかなり低くなり、寒暖の差が大きくなったとする観測結果を発表した。
 同庁によると、4月は前線を伴った低気圧が日本付近を頻繁に通過したため、曇りや雨の日が多く、全国的に日照時間が少なかった。特に仙台や新潟など9地点で月間日照時間の最少記録を更新したほか、水戸など7地点では降水量の最大値を更新した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
岐阜で全国最高32.3度=真夏の暑さ続く
広島で全国最高30.7度=各地で真夏日
前半荒れ、後半晴れる=GW中の天気予報
寒暖変動、5月には解消へ=日本の南北に大きな温度差

ルリカケス 陽光に包まれて 奄美大島(毎日新聞)
医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)
香る「花の寺」 約2万株のツツジが満開 京都府宇治市・三室戸寺(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし−東京(時事通信)
posted by クボタ ケンジ at 03:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。